ルテイン サプリメント

MENU

ルテインとはどんな物に含まれる成分なのか?

女性 画像ルテインは、元々目の中に含まれている成分です。

抗酸化作用に優れていて目を紫外線や光から守る役割があり
天然のサングラスとも呼ばれています。

 

主に緑黄色野菜に含まれる「黄色の色素」で、白内障など
加齢による眼病を予防や改善に期待ができると
期待されているのです。

 

ルテインが目にいいと注目され始めたのは20年くらい前のことで、
ハーバード大学の研究がきっかけとなっています。

 

ルテインを摂取すると「黄斑変性症」など眼病リスクが下がるという
発表からアンチエイジングに関心の強いアメリカからルテインの
人気が広まったのです。

 

 

どんな物に多く含まれているのか?

ルテイン 画像

 

冒頭でも書いた通り、緑黄色野菜に多く含まれています。
具体例を挙げるとブロッコリー、ほうれん草、カボチャ、ニンジンなどです。
また、卵にも多く含まれています。

 

緑黄色野菜は体に良い事で有名ですが、目にも健康効果を
与えてくれるので毎日しっかり食べたいものです。

 

ただ、1日に必要なルテインを食事から摂ろうとなるとほうれん草で
いうとサラダボウル2杯以上食べなければならない事になります。

 

食事で自然に補う事も大切ですが、足りない分はルテインサプリメントを
利用するのが賢い方法といえるでしょう。

 

 

ルテインはどんな働きがある?

ルテイン 画像

 

目には様々な「光の害」を受けます。
紫外線は活性酸素を発生させることで目は常に負担を感じている部分。

 

ルテインの抗酸化作用によって目を光ダメージから守っています

 

そもそも光を感じるというのは、角膜から前房、水晶体、硝子体に
入ってきた光を網膜黄斑部が感知しているからです。

 

水晶体と黄斑部にはルテインが豊富に含まれ、水晶体のルテインは
フィルターとなって紫外線を吸収、黄斑部では活性酸素を
無害化する働きをしています。

 

黄斑部のルテインが加齢や摂取不足により減少すると、太陽光の
ダメージを大きく受けてしまい視力低下や眼病トラブルの
原因になるのです。

 

また、近年ではルテイン不足により白内障のリスクが上がる
という研究結果も出ています。

 

 

ルテインの種類について

 

ルテインはサプリメントとしても様々な商品がありますが、
使用されているものには主に2種類のルテインがあります。

 

フリー体ルテイン
ルテインエステル

 

フリー体ルテインは摂取するとそのまま体に吸収されますが、
ルテインエステルはフリー体ルテインに脂肪酸が結合したもの。

 

マリーゴールドから抽出された未精製のルテインなので、安価で
サプリメントに配合できます。
ただ、ルテインエステルのままでは体に吸収されません。

 

そのままでは体に吸収されないルテインエステルは、摂取すると
体内で消化酵素によって脂肪酸が除かれ残ったフリー体ルテインが
吸収されるという仕組みとなっています。

 

また、アントシアニン、ビタミンA、ビタミンB群、コラーゲンとの
相性が良く相乗効果でより高い効果を発揮するという特徴も。

 

 

ルテインは外から補うしかない

ルテイン 飲み方 画像

 

ルテインは網膜以外にも体内でストックされてはいますが、
「生成」をすることはできません。

 

個人差はあるものの、40歳前後から活性酸素が多くなり
ルテインが徐々に減少していくためこの頃から目のトラブルに
悩む方が増えるのです。

 

体内で生成することができない為、食事やサプリメントで
必要な量を補っていくしかありません。
そのために、ルテインサプリメントの利用がとてもおすすめなのです。